Session detail

自由テーマセッション

4-2

ニューノーマル構築に向けた食、健康、幸福のトランスボーダー研究

Session No. 4-2
Title ニューノーマル構築に向けた食、健康、幸福のトランスボーダー研究
Session organizer 喜田川 たまき(筑波大学 地中海・北アフリカ研究センター)
Date & Time 9月6日(月) 17時00分~18時40分
Location オンライン

これまでにも各国が協力して取り組むべき地球規模課題として、飢餓や貧困、健康や平等社会実現などへの対応の必要性が訴えられてきたが、コロナウィルス感染症の世界的拡大により、それらの多くがより喫緊の課題となった。世界が歴史的転換期を迎えたことで、社会全体や個人の行動様式の変革が求められている一方、ニューノーマル構築のため国境や人種、宗教、文化、ジェンダーといったボーダーを超えた研究が必要とされている。本セッションでは、①感染症リスク管理、②中東・北アフリカ社会とマイノリティ研究、及び③食と農業のイノベーション研究3つの分野から発表を行い、ウィズコロナ時代のトランスボーダーな研究としていま何ができるのか、またこれからの社会と個人のありようを議論する。

発表内容の詳細についてはこちらを参照ください。

参加登録は大会ホームページよりお願いいたします。登録いただいた方に、追ってオンラインのリンクをお送りいたします。

一覧に戻る

ページトップへ

© 2017 -2021 TGSW Secretariat, University of Tsukuba